« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

試運転 @金峰山

前々回からはじまった
今年の「試運転」

今回は(と言っても、もう一週間くらい前のコトなので…)
総仕上げというより
とりあえず
一日約四時間程度ならばガンガンに行けるかの
「ここまでの最終確認」
というテーマになりました。

で、

今回の仕上げ場所は
<金峰山>
(と言っても、もう一週間くらい前のコトなので…)

P_20170622_084952_10

大弛峠から金峰山のピストン。

P_20170622_085008

片道約二時間。
往復約四時間。

当たり前か。

前々回の大菩薩嶺は緩いアップとそこそこのダウン。

前回の武甲山はなかなかの登りっぱなしからの、なかなかの下りっぱなし。

今回はスタート(大弛峠)~目的地(金峰山)まで糸電話のように線を張るならば
標高差はほぼなし。

そう、今回はアップダウンでの行程。
いろんな意味でちゃんと歩けるかの確認です。
(と言っても、もう一週間くらい前のコトなので…)

5:00 自宅出発して友人をピックアップ。

圏央道海老名IC~中央道勝沼ICを経て

8:30 大弛峠着

準備もそこそこに

9:00前 スタート

P_20170622_090838

前日が
(と言っても、もう一週間くらい前のコトなので…)
かなりの大雨だったので

決行が決まったのは
前日の夕方。

行くだけ行ってダメなら帰りましょうということだったのですが
登り始めてみると
なかなかのコンディションで
足元は意外と乾いていました。

水はけがいいのかな?

今回も
友人のケンタロー氏と。

二人とも徐々に調子が上がっているのを実感している。

P_20170622_092359

朝日峠

P_20170622_092403

前日、大雨だったのがウソみたいです。
(と言っても、もう一週間くらい前のコトなので…)

P_20170622_094821

遠くには富士山。

来年か再来年に久しぶりに行ってみようかと二人で話しながら

P_20170622_102319

ちょっと日が差した時間があったり

P_20170622_104842

小休憩約2分程度一回とちょこっと数回立ち止まる程度で

P_20170622_110200

金峰山到着。

奥秩父の主脈に位置し、1950年(昭和25年)7月10日に指定された秩父多摩甲斐国立公園の区域に含まれている。日本百名山、新日本百名山、花の百名山および山梨百名山のひとつ。山梨県側では「きんぷさん」、長野県側では「きんぽうさん」と呼ぶようだ。

山頂手前から
森林限界でパーッと景色が広がりますが
岩場というか大きな岩だらけを進んでいきますので
持ち物を落とさないようご注意ください。

1498126557961

お決まりの一枚。

ケンタロー氏はお初のコースでしたが…
このコース…自分、実は二回目でして
一回目は大雨と強風の中を
日本百名山なのに誰ともすれ違わなかったくらいの超悪天候を強行した結果、山頂の景色は当然ガスガスで、ただただ体育会の合宿か、はたまた訓練かという感じだったので、(いつか同じメンバーでリベンジを!)と思っていましたが…

…行っちゃいました~!

ケンちゃん、ゲンちゃん、ごめんなさい!
m(_ _)m

改めて機会があったらみんなで行きましょう!

P_20170622_110904

五丈岩。

金峰山は奥秩父連峰の盟主である。これを「百貫の貫禄を具へた山」と絶賛したのは、“奥秩父の父”といわれた木暮理太郎であった。古くは日本武尊が東征の折、この地に鎧をおさめたとか、雄略天皇10年(467)に開山されたなどの伝説が残っている。

山頂は大きな積み木を重ねたような、花崗岩の御像石(五丈石)がそびえている。これは南アルプスの前衛、鳳凰山の地蔵仏岩と、甲府盆地を隔てて好対称をなしている。
 この五丈石の下には、古い石灯籠や石囲いらしいものが残っている。かつては桧造りのお籠り堂があり、30人くらいが泊まれたという。記録によると、明治42年(1909)に焼失したという。

1498126548808

富士山をバックに。

P_20170622_110607

天候のわりに
あらゆる方向の山々が見えました。

P_20170622_110928

様々な方向へ行くこともできて
楽しそうです。

P_20170622_120030

あっ!そうそう!

先日、父の日にくれたこの鈴。
なかなかです♪

そんなにうるさく耳障りではないが、常に音を出してくれる。

今までのは鳴るとかん高くて、かける場所によっては鳴らない場合もあったのですが、これはいい。

P_20170622_120039

ということで
これからは<低音高音のW鈴>で少々やかましく登りたいと思います。
帰りはほぼノンストップで大弛峠到着。

四時間程度ならガンガン行っても大丈夫ということを確認できました。

P_20170622_144432

帰りは
もうすっかり恒例の
「道の駅 de お土産」

今回は酒蔵はなし。

でも、地元のワイン
「サンデーワイン」の赤をここで購入。

その他、果物系を手土産に家路へ。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

ほんのちょっぴり、足裏に違和感があるものの
体力どおりに足がついていったことが今回の収穫です。

ゆっくり焦らず
今年はこんな感じで欲張らずに
徐々に違和感を消し去って
来年以降に
ガンガンモードになれたらいいなぁ…

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


梅雨の合間にしては上出来!
やっぱり晴れ男か⁉

( ̄ー+ ̄)

今回もいいトレーニング(山)でした。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


夏はすぐそこ⁉
いやいや、まだまだ梅雨の真っ最中!
そんな中、猛烈に暑い日があるらしいです。

自己管理にも限度があるかもしれません。

そんなあなたに対応すべく

整体室ISOGAI

梅雨近くまでは休まず
バリバリ営業いたします。
(予定です)

(*`ε´*)ノ




・・・ですが、

突然の不定休とは別に
梅雨明けあたりとお盆あたりはお休み(連休)させていただく予定です。
詳細は、ホームページに随時掲載いたします。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


<当室をご利用のお客様へ>



明日から7月です。

当室のお客様にお知らせです。

年に数回、お客様にDMを送らせていただいておりますが、今回はハガキではお知らせしきれないため、封書で送る準備をしております。

これまでたくさんのお客様に支えられ、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。今回の封書も仕事の合間や仕事後の手作業で行っておりますが、発送する量が多いため、準備が整い次第に順次お送りいたしますのでよろしくお願いいたします。

m(_ _)m




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

試運転 @武甲山

前回の大菩薩嶺の試運転につづき
今回も試運転がテーマ。

場所を
山梨から秩父へ。


1497220854517

今回は
「武甲山」
標高1304m。

昔(明治時代)は1336mを記録していたが
採掘の為三角点が移転し
現在の標高が最高地点。
で、
移転した三角点が1295mとのこと。

ちょっとめずらしい山である。

1497220832619

そもそも
なぜに三角点が掘削の為に移転したのか・・・

このご時世、ネットで武甲山の表というか秩父市から見える武甲山の画像を見れば納得できると思いますので、今回はあえてアップしません。

個人的にはちょっとさみしい気分になっちゃいます。

ので
ここは試運転に徹することに。

1497222109572_2

この「◆丁目」。
大山と似ていて
山頂まで五十二丁目まであります。

1497222929090

今回も
前回同様
すっかり”山友”のケンタロー氏と。

1497224094848

二十丁目
「武甲山御嶽神社」
の碑がお目見え。


1497224101263

ケンタロー氏の左手には
手前でたくさん置いてあった
水が入ったペットボトル。

山頂のトイレが
どうやら水が出ないらしく
”元気がある方は山頂まで運んで”
みたいな
「鍋割山」の鍋焼きうどんに使える水を運んで的な。

トイレに行くかは別として
試運転がてら
ちょっと負荷かけにひとり一本ずつ・・・

1497225086149

いい天気です♪

やはり、自分、「晴れ男」か?

( ̄ー+ ̄)

1497225893433

大杉の広場。

なんだかんだで
ここまでいい感じの傾斜で登りっぱなし。

前回の大菩薩嶺よりは
段階的にもいいトレーニングになっています。

1497225921367

ん?

・・・おや?

1497225926354

・・・
( ̄ロ ̄lll)

ってほどではないか・・・。

もうあちこちでこんな注意書きばっかだし
ニュースでもかなり取り上げられているから。

だからこそ
クマ除けの鈴は必携です。

と思ってるのですが
近年、地方では音に寄って来るとか来ないとか・・・

いったい、どっちが本当なのか。

1497228449940

もうすぐ山頂。

1497228609504

武甲山御嶽神社。
秩父盆地を見下ろす兜型の山、武甲山山頂に鎮座する古社です。社伝によれば、景行天皇の皇子・日本武尊が東征したおり、山頂に武具を埋めて関東鎮護としたことが開創とされています。欽明天皇の御代に日本武尊を主神とし、男大述尊、広国押武金日天皇を合わせ祀りました。戦国時代に兵火に遭い焼失しましたが、秩父を支配した小田原北条氏によって再建されました。

が、

悲しいことに
石灰岩の採掘により旧山頂にあった縄文時代から近代までにいたる歴史のあった信仰遺跡、巨岩群は完全に消滅しており、現在の社殿は頂上付近から移転されたものである。

1497229050725

武甲山ゲット!

1497229063174

秩父盆地を見渡せます。

いい眺めです!

1497229069746

・・・?

下からの柵・・・は・・・?

1497229106150

そう。

直下では採掘作業。


1497229161758

記念撮影♪

・・・最近、スマホで撮った画像が粗くなってきた。
動きも重いし、simがずれてネットにつながらず再起動ざんまい・・・

そろそろ寿命か・・・

1497229266711

悲しい看板。

1497229269776

ちょっとうれしい看板?

なんとも複雑な山である。

1497231519356

山頂からシラジクボへ降りて
ガッツリ大持山ぐるりコースと行きたいところなんですが
前回の試運転で
4時間くらいで足に違和感を感じるので
下に指している見えにくい標識
「持山寺跡」方面へ。

1497232664467

現在の山地図ではおそらく載っていないか
はぐらかされてるように表示されているコース。

その理由がなんとなくわかった気がする。

ただ、きれいに整備しなおそうとしている作業の形跡があり
最近切った新鮮な木の香りがぷんぷんしてます。

夕方以降や日の出前にこのコースを通るのは、標識や目印が整備途中で少々分かりづらく見落としてコースを外れるなどの危険があるかもしれませんので、行かれる方はご注意ください。

1497234271263

ぽろっと
十丁目の上あたり?に出て
来た道を下ります。

休憩・昼食込みで約4時間。

登りは登りっぱなし。
下りは下りっぱなし。

短い時間と距離ながら
しっかり足膝腰に負担がかかった
トレーニングにはもってこいの山でした。

ただ、景色は山頂以外は・・・・

新緑とか紅葉とかの季節にはいいと思います。

P_20170612_124643_3

おまけ。

帰りに横瀬駅の横にあるお店で
武甲山の山バッジをゲットし、
ちょっと秩父市街に足を延ばして
「武甲酒造」へ。

今年から意識し始めた
地酒の購入。

今回は
特別純米酒
武甲正宗無濾過原酒(限定品)を購入。

・・・え?
お酒の情報はいらない?

(* ̄ー ̄*)


1497239200527

最後のショット。

スマホで粗いけど
古き時代からあるようないい感じ・・・

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

やはり
若干の違和感を感じた4時間の山行。

無理せず少しづつ負荷をかけて
焦らず楽しみながら
全快にもっていこうと思います。

さて・・・

次はどこの山かな?

( ̄▽ ̄)

でも
梅雨なんで
あまり期待はせず
良さそうな天気のなかで
楽しめたらいいな♪

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


やはり梅雨時期。

カラダの不調でお越しになる方が
とても多いです。

自己管理もさすがに厳しいと思ったら
早めの対処を!

梅雨も寒暖差も気圧もバッチこいっ!

整体室ISOGAI

全力応援営業中でございます!

(*`ε´*)ノ



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

7月は連休、8月はお盆休みをいただく予定です。

詳しくはホームページやブログなどに随時掲載いたします。

m(_ _)m


 



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年8月 »