« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年7月

2015年7月24日 (金)

「燕岳  ~なんだかんだで・・・~」

ちょっと・・・

ちょっといろいろありまして・・・

Imgp3062001

先月登った大菩薩嶺は・・・

UPするつもりだった大菩薩嶺は・・


Imgp3062

下山直後にスマホの初期不良で修理に旅立ってしまい
時が流れすぎて
UPのタイミングが・・・

Imgp3061


もう過去の思い出と化してしまいました・・・。


・・・で、



Imgp3094

その後に
お客様から頂いた
「RASOX」を撮影した直後
(前の修理が終わってスマホが帰ってきた日)
今度は修理前に不具合なかった箇所が
何故か致命的な不具合で戻ってきたことが判明し
翌日に再びスマホが旅立って行ってしまいました。

初期不良以前の問題。

MVNOで今春、三大キャリアから卒業しましたが、
いざスマホが壊れてしまうと
自分ですべてを手配しなくてはならない・・・

三大キャリアのショップの有難みを痛感しました。

結局
友人から使っていないスマホを借りて
なんとか最低限の通話等は確保できましたが、
それ以外は正直不便。

先日と言っても
もう先週になってしまいましたが
<初・北アルプス>のUPする機会を
二度島流ししたスマホが完全復活し、
UPするはずだった過去二件の一部をまとめてUPして
「ごめんなさい」
対応してしまおうということになりました。


m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン


し、しかも・・・
頂いた「RASOX」を使いたかったのですが・・・
ちょっとした手違い?が・・・
詳しくは
頂いた方だけにお話しします。

合わせてスミマセン・・・。



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


さぁっ!

気持ち切り替えて~!

(*`ε´*)ノ


行ってきました~!

超強硬日帰り

<初・北アルプス> ~燕岳~

休みが取れない!
でも行ってみたい!
行けるのか!?


日付が変わってすぐ起床。

当然、睡眠時間は十分ではないが
眠れなかったわけでもない。

過去に富士山の山小屋で一泊したときに比べれば
起きた時の疲労度は比べ物になりません。
と、言い切れる。

1時 出発
1時半 友人を拾う
途中休憩を入れつつ約四時間・・・
5時半 駐車場到着

さすがに人気の山。
我々よりもずっと遠い各地方のナンバーが車中泊している方も
ちらほら。

朝食と準備を済ませ
6時 登山開始

Imgp3095001

「中房温泉郷」からのスタートです。

Imgp3096

あまり涼しくありません。
標高約1500mからのスタートだから
少しはシャキッとするかと期待していましたが・・・・


Imgp3097

駐車場にも簡易トイレっぽいのがありましたが
駐車場からちょっと歩いて登山口までくれば
立派なトイレがあります。

Imgp3098

まだ体が眠たがっていましたが
初っ端からなかなかの急登で
いい眠気覚ましになりました。

Imgp3099

この第一ベンチについたころは
すでに眠気も吹っ飛びいい感じ。

Imgp3100

うっすらとかかった雲が
かえってよかった。
これ、晴れてたらかなり暑くて大変だったと思う。

Imgp3101

一緒に登った友人は
久々の登山だったが
なかなかのペース。
今回は
彼のペースに合わせていくことに。

Imgp3102

夏山

Imgp3103

でも
標高高いから

Imgp3104

緑がとっても綺麗。

Imgp3105

第二ベンチは通過。

Imgp3106

第三ベンチ以降は小休止程度で。
友人のペースもいい感じなので
このまま合わせて登ります。

Imgp3107

合戦小屋

Imgp3108

ここで
ようやく中休止。

行動食とおにぎりをちょいと頬張る。

Imgp3110

はい、チーズ。


Imgp3111

合戦小屋から先の景色は
今までの景色とは変わり
北アルプスの山々がお目見えでございます。

テンションが一気にア~ップ!

Imgp3113

相変わらず急な登りはあるものの
最初に比べれば
かなり楽です。

Imgp3115

尾根伝い道のりを進みます。


おおぉ?

Imgp3119

見えてきました
「燕山荘」

だらだら~っと進みつつ
燕山荘に近づくにつれて
少し急登の場面もありましたが、

Imgp3121

わずかに残っている雪

斜面にはところどころ残雪を確認。
少し涼しくなって、

Imgp3122

どど~ん!

Imgp3123

この景色、たまりません。

Imgp3125

「燕山荘」まえにて
はい、チーズ!

ここまで来るとガッツリ稜線。
風が強くて
~涼しいと寒いの間~
くらいな気候。

Imgp3127

燕山荘にザックをデポして
燕岳に向かいます。

ザック背負ってないから
ウォーキング気分です。

Imgp3129

コマクサの群生が
あちこちにあって
一眼レフで撮っている方がけっこういました。

Imgp3130

なんとなくデジカメで。

Imgp3132

燕山荘からものの10分くらいのところから。
いい画です。


Imgp3133

10時40分 燕岳山頂ゲット!

Imgp3136

狭くて風が強いので
座って記念撮影。

出発から4時間40分。
はぼタイム通りで登れました。

Imgp3142

更にちょっと足を延ばして
北燕岳もゲット!
岩を跨いでパシャリ。

ようやく黒いマンモスちゃんを着れることができました!

Imgp3144

北燕岳から先の稜線

Imgp3145

この山々。
たまりません!

あっ、
ちなみに槍周辺だけは雲がかかっていて見えず・・・。

<また来いよっ>ってことなのか
<まだお前には早い>ってことなのか・・・


Imgp3146_2

北燕岳からの燕岳。
(ちょっとややこしいか)


Imgp3147

綺麗に整備されているから
歩きやすいです。

Imgp3149

メガネ岩

Imgp3154

イルカ岩

Imgp3155

つかの間の楽しいウォーキングのあとは
燕山荘のベンチで昼食タイム。

Imgp3156

テン場でこれから設営しようとしている人も。

夜空、綺麗だろうな~

羨ましい~!

いつか、やってみたい!

Imgp3157

こんなことしつつ・・・

Imgp3158

しっかりバッチをゲットしつつ・・・

残念ですがそろそろ下山です。

本当に日帰りで後悔しました。

次は日程や計画をしっかり立てて
縦走でまた来たいです。



12時過ぎ 下山開始

Imgp3159

下りの合戦小屋。
(ピストンなので・・・)

一切れ800円のスイカはまたの機会に。


いいペースで下ってきまして・・・



午後二時半過ぎ 下山


登り約4時間40分
下り約2時間30分



来月も再来月もどこかの山に登る予定なので、
いいトレーニングになりました。

山頂や稜線から見る景色は
他の山々とは全然違いました。



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


午後三時過ぎに駐車場をあとにし
出て下ったすぐの温泉で汗を流し

午後四時過ぎに温泉を出て

ゆっくりだらだら寄り道したり休憩したりで・・・

午後八時半過ぎに友人を降ろして
午後九時過ぎに自宅に到着。


~超強硬日帰り~
ほぼ24時間フル活用の一日でした。


さすがに四十半ば・・・
「こんな無理はもう何度もできないなぁ」

と思いつつ
「まだいけるか~?」
とも思いつつ・・・


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


~下りだけはストックを使おう~

↑       ↑       ↑

コレ、自分に向けたメッセージです。

「調子に乗って膝壊すなよ!!」

自分に言い聞かせるつもりで残します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »