« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

冬休み(さいごです)

沖縄最後の夜から一夜明け・・・

最終日

そう、最終日は
「買い物」でしょう。

帰ってきてから
食べたいものや飲みたいもの

探すには
国際通りが手っ取り早い。


Img_0901

ホントに食べたいものは
常温モノであれば
スーパーが安くていいです。

ですが
冷蔵や生ものなどは
市場がおすすめ。
飛行機なので
しっかり包んでくれますので
安心です。


Imgp2346

ん?

ん!

おばあから買った島らっきょうが
あまりに簡単な包装だったので
保冷バッグを開けるたびに
匂うこと匂うこと・・・

┐( ̄ヘ ̄)┌



Img_0910

帰りは
牧志駅から”ゆいレール”で那覇空港へ。

これも目的のひとつ。
このために昨夜でレンタカーを返したのでゴザイマス。

Img_1889

バッグを抱えながら乗ったゆいレールには
結構同じような人々が乗ってました。

レンタカー使わない沖縄も楽しそう・・・


Img_0921

空港で
最後まで沖縄気分のA&W。


Img_1894

そのA&Wの窓越しから見た景色は
より青く・・・
とても綺麗に見えました。



...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。



冬休みに行った沖縄。
冬しか出来ないことも出来た。

桜もちょっとだけ見れたが
いっぱい咲いている場所までは行けなかった。

向日葵も見れなかった。



...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


それでいいと思う。
また行けばいいんだから。


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。



長い冬休みをいただき
充電完了っ!

\(^o^)/

旅行から帰ってきた翌日から
バリバリ営業中です!

(* ̄0 ̄)ノ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬休み(その三)

クジラちゃんから一夜明け・・・

この日は来るまで一気に最北へ。

前夜飲んだ居酒屋の近くにあった
「OINALIAN」
お稲荷とチキンをテイクアウトして
車中で朝ご飯。

今日は移動距離が長く、
夜には那覇市内に着かなければならない。

Img_0853

ココのお稲荷さん
アッサリしつつお酢がきいてて
いくらでもいけます。

チキンは車中で食べるから
トッピングはナシにしたんだが、
あったほうがよさそうだ。
(にんにくが効いてるがあっさりし過ぎかも・・・)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

車で約二時間

「大石林山」に到着。

Imgp2256

この後にある岩山を
登りました。

といっても、
かなり整備されていますから
お散歩気分で登れます。


琉球最古の古文書『中山世鑑』(ちゅうざんせいかん)には、“聖地・安須杜とは琉球に神様が最初に降り立った場所で、ここから琉球の島造り、国造りを始めた最古の聖地”として記録されています。

それは過去の話としてだけでなく、現在確認されているだけでも44カ所もの御願所(拝所)が敷地内に存在し、今でも沖縄の人々の信仰の地として、古くからずっと大事にされてきた特別な場所。『大石林山』全体が大きな聖域ともいえます。


それがパワースポットとどんな関係があるのかはわかりませんが、「沖縄 パワースポット」で検索すると大石林山と安須杜がものすごい数ヒットします。

というわけで・・・

Dscn3082

大きな水晶に手をあてて
パワー吸収中!
ヾ( ̄0 ̄;ノ

Img_0866

沖縄最北端
辺戸岬を見下ろす景色は抜群!

写真では分かりませんが
与論島がはっきり見えました。

Img_1856

約1時間半歩いて大満足!

ついでなので
そのまま
最北端の「辺戸岬」へ。

上の写真の
尖ったところです。

Img_0872


次の目的地へ向かう途中で
お昼ごはん。

ようやく沖縄すばが食べられました。


Img_1866

次の目的地は
「古宇利島」

なぜココ?

以前は車で行くことが出来なかった場所・・・

2005年2月に古宇利大橋(1.96km)が完成し、名護市の屋我地島と橋で結ばれた。

昔、古宇利島に空から男女二人の子供が降ってきた。彼らは全くの裸であり毎日天から落ちる餅を食べて幸福に暮らしていた。最初はそれに疑問を抱かなかったがある日餅が降らなくなったらどうしようという疑念を起こし、毎日少しずつ食べ残すようになった。ところが二人が貯えを始めたときから餅は降らなくなった。二人は天の月に向かい声を嗄らして歌ったが餅が二度と降ってくることはなかった。そこで二人は浜で生活するようになり、魚や貝を捕って生活と労働の苦しみを知り、ジュゴンの交尾を見て男女の違いを意識し恥部をクバの葉で隠すようになった。この二人の子孫が増え琉球人の祖となった、と云う神話である。


「沖縄版アダムとイヴ」と呼ばれる伝承があることで有名。


Imgp2314

貝を拾ったり
娘は踊ったり・・・
( ´,_ゝ`)

素敵な島でした。
ドライブがてらにオススメです。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


古宇利島をあとにすると
ここから一気に南下。

夜は那覇市内。

ここでレンタカーとはお別れ。

今宵は”かりゆしの夜”

沖縄料理と琉球民謡で
<THE OKINAWA>
気分を満喫・・・

若干、
お店のチョイスは
いろんな意味でイマイチだったが
子供たちはそこそこ楽しんだようだったので
ここはOKとしましょう。

Img_0896

曲にあわせて
「イーヤーサーサー!」

老若男女
カチャーシー
娘はノリノリ・・・
( ´,_ゝ`)



★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜



沖縄最後の夜を満喫したのでした。


~つづく~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

冬休み(その二)

翌日
朝から慌ただしい。

朝の9時に那覇新港のとあるマリーナに集合し
<ホエールウォッチング>
をするため
軽く朝食を済ませ
早々にホテルを出る。

30分ちょいで着くであろうと思っていたら
平日の通勤ラッシュにガッツリハマリ・・・
ι(´Д`υ)アセアセ
何とかギリギリに到着。
~甘かった・・・ヾ(;´Д`A

.
。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


説明を聞いて
ライフジャケットを着て
船に乗り込み
イザッ!クジラちゃん!

波が・・・
揺れる・・・

( ̄Д ̄;;

クジラちゃん・・・
いない・・・

( ̄◆ ̄;)

波が・・・
どんどん大きく・・・

(@Д@;

クジラちゃん・・・
いない・・・

と繰り返していると
船はどんどん沖へ・・・

気付いたら

前島を抜け・・・
渡嘉敷島を抜け・・・
座間味島に北へ

慶良間諸島まで。

これだけでも
いい機会でしたが・・・



ヾ( ̄0 ̄;ノ

なんと・・・

Img_0803

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

クジラちゃ~ん!

目の前でダイナミックにバシャバシャとやってくれましたー!

これは
「テールスラップ」というらしい。

クジラちゃんは
何回も
このテールスラップをやってくれました!

ただ・・・
ここまでかなり沖まで
しかも
揺れに揺れて・・・

ちょっと気持ちわるい・・・(@Д@;
そして、
娘は船酔い・・・(@Д@;

帰りは
娘はグロッキー
ちょっと気持ち悪いおいらが介抱しつつ・・・

妻と息子はピンピン。
予想外だった。

帰港する頃には
娘共々船酔いから復活!

.
..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


お昼ごはんを済ませて
車は北へ。

Img_0837

ミッションビーチへ
綺麗でした。

Img_0824

ちょっと遊んだりして・・・

Img_0838

万座毛。

Img_0851

娘の希望だった
アイスクリームを食べ、

Img_1832

夜は
ホテルから歩いてすぐの居酒屋へ。

Img_0852

至福のひと時・・・

・・・でしたが、
娘は相当疲れたのでしょう
寝てしまいました。
(o^-^o)
コレがまた可愛い。

Img_1836

娘をおぶってホテルへ帰りましょう。

”良い夢見てね。明日も遊びましょうね。”

(* ̄ー ̄*)


Img_0834


~つづく~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬休み(その一)

先日
冬休みと称してお休みをいただいて

行ってきました・・・

沖縄~っ!
ヽ(´▽`)/


出発当日
ここ神奈川はいい天気。

予報では
沖縄も旅行中に雨が降る確立は低く・・・
という。

Dscn2961

飛行機から見る富士山
今年も登りたいなぁ・・・


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


那覇空港に着くと
さっきまで雨が降っていたのか
滑走路は濡れていたが
空港を出てみれば
雨はすっかりやんでいました。

初日はゆっくり。

レンタカーを借りて
とりあえずホテルへ。

那覇からはそんなに遠くはないが
慣れない車と道路事情・・・

ちょっと疲れた。

荷物を部屋に置いて
那覇市内のステーキハウスで夕食。

Img_0796

レトロ感たっぷり

Img_0797


そして
Img_0798

ボリュームもたっぷり~♪

お腹いっぱいになって
ホテルに帰る途中
サンエーに寄って
ちょっと買い物
(お買い得のスパムとかオリオンビールとか・・・)

運転なんでお酒が飲めないからと
しこたま買い込んで
ホテルの部屋から
沖縄の夜景を見ながら
片手にオリオンビール・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

翌日は
朝、ちょっと慌ただしいけど
今は
ビール片手にゆっくりしましょう・・・


~ つづく ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

冬休み(休診のお知らせ)

誠に勝手ながら・・・
明日、22日(水)から4日間
当室は少し遅い<冬休み>とさせていただきます。

予約やお問い合わせ等は
26日(日)の午前9時から
電話受付いたします。

また、
冬休み期間中の予約等のメールは
26日以降先着順に対応・返信いたします。

ご迷惑をおかけしますが
何卒宜しくお願いいたします。

m(_ _)m



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


・・・ん?

冬休み~?

┐( ̄ヘ ̄)┌


何するかって?

去年、一昨年は温泉でした。
♪(o ̄∇ ̄)/


今年は・・・

・・・?

(* ̄ー ̄*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

新年の秦野巡り

先日、
今年最初の水汲みに向かうべく
秦野へ。

そして
この時期は
当室の毎年恒例になっている
【立春大吉】を求め
関東のいずもさんのお参りもあり
ちょっとした秦野巡りになります。




まずは
関東のいずもさん
出雲大社相模分詞へ。

身を清め、お参りをしてから
立春大吉の札を購入。




今年は小冊子をいただきました。

“一年、家族、仕事、共に平穏でありますように…”
( ̄ー ̄)



そして
今年最初の水汲みへ。




この日は並ぶことなく
スムーズに水汲み完了。

今年も自然の恵みを
おいしくいただきます!
( ̄ー ̄)



秦野プチ巡りを済ませて帰宅すると…

お米が届いてました。

ウチにお米が届くなんて未だかつてないので
カミさんは封を開けれずに。

「兵庫県から届いてる。何かの懸賞?間違い?」

なんで書いてある?
と聞いたら
[しんざん計画]と…。

!!


なんと
いとこが脱サラして
農業に転身していたんですが
どうやら
彼が作ったお米のようだ。








いとこの家系は
当然、農家ではなく
脱サラして
ゼロからの起業。

今のこの時代
サラリーマンから農業への過程には
並大抵ではない苦労があったことでしょう。

そのすべてを噛み締めながら
じっくり味わいたいと思います。

ありがとうございます!

このお米を見て
僕も頑張らなくちゃ

改めて思い、
これからも
お客様にとって
〔オンリーワンの整体師〕の精神を
忘れることなく
一歩一歩を着実に歩いていこうと思います。



日々是精進
日々是感謝

m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

休診のお知らせです。

新年早々ではありますが・・・

休診のお知らせをさせてください!

いつもでしたら
<休診のお知らせ>
なんて、
いちいちUPせずに
事後報告形式で(山とか・・・ヽ(○´3`)ノ、、山とか・・・┐(´-`)┌・・・、、山とか・・・┐(´д`)┌・・・
UPするのですが、
今回は少し長くお休みさせていただくので
ご迷惑をおかけしないように
早々にUPいたします。

1月22日(水)から25日(土)の4日間
誠に勝手ながら休診日とさせていただきます。



休診日の前後のご予約はお早めに・・・
という感じの前フリで・・・
m(_ _)m

ご迷惑おかけいたしますが
よろしくお願いいたします。



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.



最後までお読みいただきまして
ありがとうございましたっっ!
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

2014年もどうぞよろしくお願い致します。

本年は3日の午後二時から電話受付いたします。

今年も仕事に、家族に、山に…
ガツガツ欲張らずに頑張っていきたいと
思っています。

(o゚▽゚)o 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »