« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月28日 (木)

念願の快晴!(金時山)

何度か行っているが、なかなかいい天気に恵まれなかった金時山へ、前回の丹沢の幸運に乗っかって「リベンジ」。

今回は、当室のオリジナルティーを提供してくださっている<鎌倉茶来未>さんの茶師佐々木さんとスタッフさんの三名で行ってきました。

<鎌倉茶来未HP>
http://www.chakumi.com/

茶師の佐々木さんは、2009年世界緑茶コンテスト最高金賞に続き、今年2013年も同コンテスト最高金賞を受賞された恐ろしく忙しい方で、最近はメディアなどでもお目にかかるくらいの人・・・。こんな小さな整体室にオリジナルティーなんて提供していただいて申し訳ないと感じてしまう今日この頃でゴザイマス。

m(_ _)m




7:30 公時神社駐車場で茶来未さんたちと待ち合わせ。
秋の好天に誘われてか、平日なのに車を止めてすぐに無料の駐車場は満車。

今日はここから矢倉沢峠~金時山~乙女峠と景色を楽しみながらの道のりです。




8:00 駐車場を出発

一昨日の夜に雨が降りましたが、登山道にさほど影響はなく心地いい風と景色を堪能しながら、ゆっくりと登り・・・

Img_0658


どど~んっ!

快晴でございま~す!





金時山は天気に縁がなく、
登るとガス・・・
ガス・・・風・・・雨・・・
でした。


が、

今回は晴れ男の茶師佐々木さんの晴れパワーで
こんないい景色を見ることができました!

あっ、ちなみに自分も雨男とは思ってないですけど・・・


Imgp2091

みんなで記念撮影。





休憩しながら
景色を見ながら
山頂でご飯を食べながら・・・

乙女峠を経由して




12:30 駐車場到着

いい天気に恵まれた
いい登山でした!

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


茶師佐々木さんの山頂以降の下りが尋常じゃない速さ・・・

w(゚o゚)w
まっ、参りました~!


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


またご一緒できる日を楽しみに・・・♪
(* ̄ー ̄*)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月19日 (火)

約二年越しに・・・

お客様との会話の中で
日本酒についてお話していて
藤沢でこんなイベントやってるよー
って・・・

聞いた話は約二年前。

「いいですね~。」
と、何気に話して・・・
なんとなく気にはなってました。

時は過ぎ・・・

去年。
同じお客様から「例の日本酒のイベントにまた行ってきます。」
と。
加えて「今度一緒に行きますか?今年はもう無理だけど来年とかどうですか?」

んんん?

これは・・・!
「来年は是非お願いしま~す!」
と、返事をしました。

昔からお越しくださっているお客様で
今もメンテナンスに来てくださっている。

今年の夏前。
メンテナンスで来ていたそのお客様から
「今年のイベント、行きますか?」

そうだ。そんな話をしていたぞ~!
「宜しければご一緒させてください!」

・・・

・・・と、いうわけで

Img_0637


行ってきましたー!

約二年越しに叶った
第13回 藤沢吟醸祭 チャリティパーティ 「うまいじゃん純米酒」

蔵元参加が26蔵に加え、蔵元不参加でお酒だけ出品も合わせると40蔵以上。出品酒はリストに載っているだけでもおおよそ150種類くらいでしょうか。そのたくさんの日本酒から冷だったり燗だったりで、ものすごいバリエーション!
参加者は、300人位でしょうか? とにかくスゴイ人でした。

Img_0639

Img_0641


この人だかり、伝わりますでしょうか。

とても夕方4時からの日本酒のイベントとは・・・

前売りのチケットは即完売だったようです。




今回はお客様とその友人とお客様のいとこの中に参加させていただきました。




会場で受付を済ませると
上の写真の冊子と平杯をいただきます。

決められた席を割り当てられる着席パーティで、松花堂弁当と、オードブルが出されます。
参加者はそれぞれが好きな蔵を周り、気に入ったお酒があれば片口に分けてもらって席で飲んだり、受付で配られる平杯、あるいはテーブルのぐい飲みを持って各蔵を周るなど、そこは参加者の自由となっています。

開始時間前からすでに始まっており、あちこちで日本酒を嗜んでる方々が。
当然我々もその中にいて、初っ端から日本酒を飲んでました。(笑)
 
開始時間をすこし過ぎてから、みんな一度着席し、司会進行のもと蔵元参加蔵から一言ずつの挨拶があり、乾杯。約15分くらいは席に着いておとなしくしています。乾杯のお酒も当然日本酒です。

Img_0640


一人ひとりに松花堂弁当。東北地方の食材で作られているそうです。
Img_0642


日本酒だけでは・・・
各テーブルにこのようなお水が用意されています。
あと、写真では写していませんがオードブルもありました。


挨拶と乾杯を終えて
再び酒蔵ブースを飲みながらめぐります。

Img_0636



パンフレットと平杯を持ちながら
各ブースで各々の酒蔵の方の出品している日本酒の話を聞きながら・・・飲みながら・・・チェックしながら・・・
と、まわります。

中には
一升1万円以上もするモノも。
こんなお酒はめったに飲めないから
飲めるときに飲んでおこうという感じで
ガンガンお酒がすすみます。


ガンガン・・・

ガンガン・・・?


・・・約二時間のイベント。
過ぎるのはあっという間。

いい感じに酔ってきた頃に
もうすぐお開きになる時間のアナウンス。

あと一杯・・・
なんていただいていたら時間になり着席。

終わる前に抽選会があり、
各酒蔵さんから抽選で一名ずつ何かが当たるようで、こんな大勢の中からだからとすこし酔いながらぼ~っと聞いていたら・・・

・・・当たってしまった。
ビックリしましたー!

何度も来ていて当たったことない人がいる中、
初めての参加で、申し訳ない気持ちの中・・・、
イベントが終了。

その直後に各ブースから出品して余った日本酒を、並んでチャリティーでお買い上げ。
コレを楽しみで来ている方も多く、直ぐにスゴイ人の列でした。



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:



いや~、楽しかったー!
おいしく日本酒いただきました!

誘っていただいたお客様に感謝です!

Img_0647

↑は抽選会でゲットしました。



Img_0650

そして、↑はチャリティーでゲットしたお酒たち。
当然どれもおいしいのは間違いなしっ!


日本酒好きにはたまらない
とてもいいイベントでした!

来年も是非行きたいと思っています!
・・・いや、行きます!
( ̄▽ ̄)




*このイベントの前にウコンは必須です。(笑)
(´,_ゝ`)


ごちそうさまでしたっ!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月15日 (金)

さすが「バカ尾根」

先日、久々に山へ行ってきました。

Img_0622


今回は丹沢。
戸側公園から塔ノ岳へ登るルートのひとつで、
大倉尾根、
通称「バカ尾根」。

ひたすら上りに加え、
微妙なつくりの「階段」が
ところどころにずら~っとある
自分にとっては
とてもつらく苦しいルートです。

他の人もそう思っている人は
多いのではないでしょうか。


この日の課題は
<ゆっくりでもいいから、なるべく休まないで行ってみよう>
が、テーマ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

7:10 登山開始
いい天気に恵まれるが、ものすごく寒い!
登山口へ向かうラジオで「今年一番の寒さ」
・・・
ガッツリ着込んで登るも
少ししたら
ゼーゼーハーハーの汗ダクダク。

観音茶屋で
早速着込んだ服を脱ぐ。

・・・これまた
脱いだら寒い・・・

まぁ、休まないで行くならば
しばらくはちょうどいい感じ。

最初の1時間くらいは
もうどうしようもなくつらい。
いつもこんな感じだったが
今回は
なかなかエンジンがかからない・・・

ちょくちょく止まっては
水分補給を繰り返す。


1時間半くらいからか
だんだん慣れてきて、
駒止茶屋から花立山荘までは
ゆっくりながらも
大きく休むことなく登ってこれた。

花立山荘に着いて小休止。
明らかに空気が変わる。

また着込んで
スイーツで栄養補給。

ここからは上は
霜がバリバリなくらい冷え切ってました。

10:30 塔ノ岳山頂
Img_0623


いい天気に恵まれました!

Img_0625


今年の登山は
あまり天候に恵まれなかったので
今回の景色は、僕にとって
まさに「絶景」です。

そして、ようやく
山頂での<山専ボトル>発動!

Img_0626


澄んだ青空と寒空の中でいただいた
カップラーメン。
う~ん・・・、旨しっ!

Img_0627



この後は食後のコーヒーを飲みながら
山頂からの景色を満喫しました。


11:20 下山開始
下りも同様、なるべく休まないでをテーマに下る。

花立山荘まで降りて
着込んでいた服を脱いでいたら

Tシャツ短パン姿で荷物を担いでいる
丹沢のチャンプに遭遇!

Img_0628



もう4000回以上も担いで登頂している!


僕の登った回数に比べたら
<神の領域>である。

ちょっとした休憩になったが、
チャンプを見送って
再び降りはじめる。

下りが・・・

下りが・・・

キツイ・・・

膝が・・・

腿が・・・

うっすら悲鳴をあげる準備をしているようだ。


でも、なるだけ休まずに下ってみる。

・・・下ってみる。

体の下肢のパーツが
悲鳴をあげそうになるが・・・

13:25 下山

もっと時間がかかると思っていただけに
まずまずの時間で降りてこれた。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。


今回は、
いい天気に恵まれた登山でした。

「感謝感謝!」


次も
いい登山でありますように・・・

( ̄▽ ̄)


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


・・・後日、
筋肉痛バリバリ・・・

( ̄ロ ̄lll)















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

整体師養成講座・番外編(2013.11.6 研修会)

先日、
当室の「整体師養成講座」を受講し、修了した方を対象に
<定期研修会>を行いました。

この<定期研修会>の目的は、
修了した後に独立開業しても、
様々な症状や微妙な症状へどのように対応すればいいのかを
実際にあった案件を一つ一つ検証していき
最善の施術方法等を構築し
今後の施術へ生かしていくことが目的です。

が・・・、

”施術方法等”の”等”というのが実はミソで・・・

その”等”には接遇やお客様の健康に関する質問や疑問、
今後の予防法のレクチャーの方法・手段というのが
実は重要だったりします。

コレばっかりは
施術の技術を教えるのと違って
実際に施術してきた”経験”がモノをいいます。
修了者の絶対的に足りないその”経験”を
当室整体師の”経験”で補足して
一人では何年もかかってしまう”経験”を
どんどん吸収してもらうための
<定期研修会>といってもいいかもしれません。

この<定期研修会>は
当室の講座を修了した方のみを対象に
年に3回行われます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

当室の講座の目的は
「継承」です。

全ての技術を覚えたから
「はい、さよなら~」
ではありません。

これからが修了した方にとって
始まりなのです。


当室の「整体師養成講座」は
修了しても
こうしてまだまだ続くのです。

( ´_ゝ`)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »