« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

ウチの看板娘

ウチの看板娘は
5歳になります。

年中さんです。


最近、
お客様を見るたびに
「照れる」
とか
「はにかむ」
とかが
目立つようになりました。

どうやら
女性や若い男性に
そのケースがあるようで。

少し「女の子」になったのかなぁ・・・


おとうちゃんは
そんな看板娘が大好きです!

(* ̄ー ̄*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

THANKS!

N 様

先日の撮影、
わざわざ雨の中を遠くからお越しくださいまして
ありがとうございました。

ひどくなるまえに・・・
お待ちしております。

感謝を込めて・・・
m(_ _)m


追伸。
検査結果が大したこと無ければいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

ちょっとした記念日になりました。

昨夜、
息子とお風呂に入ったときのことです。

二人でバリカンで散髪をし、
(二人とも丸坊主。)
体を流して湯船につかる。

もう10歳なのに
坊主でいいという息子。

もう、
少しくらい微妙な色気の
ひとつやふたつくらい出てもいいのに・・・。

そんなところが
妙に可愛くみえる。

湯船につかっていて、ふと思った。
<そういえば・・・、一緒に入っていて背中流してもらったことないなぁ・・・>

さりげなく、息子に
「おい、背中やってくれよ。」
「いいよー。」

普通の会話のように流れ
息子に背中を流してもらう。

・・・なんともいえない。

はじめて
10歳の息子に

はじめて
背中を流してもらった。


涙が出そうになった。



ちょっとした記念日になりました。
(* ̄ー ̄*)






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

お詫び

ここしばらく
当日や前日に施術をご希望されるお客様が日によって多く、
ご希望に添えかねずお断りさせていただくケースが生じてしまっております。

・・・が、

まさに
「日によって」なので
毎日がスーパー忙しいわけではありません。

本心は
皆様のご希望どうりに対応したいのですが
なにせ身体はひとつ・・・

一人にかかる時間がまちまちで
初めてご利用の方には
お話や施術を含めて
三時間くらいかかる場合もございます。
(初めてじゃなくてもかかる場合もございますが・・・)


せっかく来られるのですから
一回一回をゆとりのある施術を心がけ
少しでも長くストレスのない時間を
過ごしていただきたい・・・

そんな思いで日々接しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

THANKS!

K 様

本日の撮影
ありがとうございました。

感謝を込めて・・・
m(_ _)m


痛くなる前にお待ちしております。
勿論、お仕事終わってからお越しください。

夜遅くても大丈夫ですから
気軽にご利用ください。


また今度、
TJDなどのお話を聞かせてください。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

バスターミナルとバリアフリー

今日は「確定申告」初日です。

仕事の合間・・・といっても
半ば強引に時間を作り
いざっ!税務署へ!

・・・と、

久しぶりのバスの乗る。
確定申告期間中は駐車場に止められませんからね・・・

バスに乗る直前
杖を突いた男性の方と、その方をバス停まで案内していた女性の方が。
定刻にバスが来る。

すると、
「すみませんが、この方は藤沢駅まで行くので宜しくお願いします。」
(自分も藤沢駅終点まで乗っていくし・・・)
僕は、それを快諾して乗車する。



小雪がちらつく中
終点の藤沢駅北口のバスターミナル内に到着。

着いたのは<降車場>ではなく、
通行レーン上。

藤沢駅北口の降り方としてはよくあることだ。

そこでふと思う。
(降りてもただの道路。何かを示してくれる足元のでこぼこも無い・・・)

「さあ、いきましょう。足元の案内をします。」
彼は
「ありがとうございます。」

バスのステップを降ります。
「そのまままっすぐ。」
・・・1レーン分の車道をあるく。
「一段上がります。」
・・・車道から歩道へ上がる。

そこは
バスターミナルの安全な
歩行者が普通に歩く道。

「どちらまで行かれますか?」
彼は
「藤沢駅まで。」

(普通に応えてくれたが、自分は少し戸惑う。)
「JRですか?小田急ですか?」
僕は、半分焦っていた。
あまりの普通な会話の流れで「藤沢駅」と言われて・・・

どうやって案内しよう・・・
でも、
彼は慣れてる感じもある。
まるで
いつものことだからと
言っている気もする・・・。


「エレベーターで上がりますか?」
あっさり彼は
「階段でいいですよ。」

階段を登る。
「もうすぐ終わります。」
「右へ曲がります。」
「また登ります。」
「もうすぐ階段が終わります。」

「そのまままっすぐ。」
「少し右へ。」
「また階段です。」
「階段が終わります。」

サンパール広場です。

「そのまままっすぐです。」
「少し右へ。」

このまままっすぐ行けば
JR藤沢駅。

でも、
そのまままっすぐ行ったら
南口。

改札までは・・・
と、思っていた矢先
「もう大丈夫です。」
と、彼。


????


なんで
もう大丈夫なの?
なんで
もう大丈夫なんて分かるの?

「ありがとうございました。」
と、
改札口をカードを通して
駅構内に入って行ってしまった彼。

僕も彼を一瞬見たあと
税務署へ足を向かわせる。


こんな体験をしたから・・・
逆に
体験しなければ
当たり前にどこかへ向かう当たり前に起こっている自由さに何も感じなかった。


バリアフリーとかって
何なんだろう。

本当に
全ての人にやさしいという定義が成立するのだろうか・・・


胸中複雑な価値ある一日だった。
・・・のだろうか。


ただ、
確定申告に行っただけなのに・・・。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

みんな、がんばれっ!

なんとなく綴ってみたくなった。

「みんな、がんばれっ!」

つらい体に鞭打って日々訓練に励み
市民の安全を守っている火消し職人たち。

寒い外現場・・・
つらい痛みを乗り越えて
明日の現場に臨みたい大工職人たち。

つらい痛みを共有できずに
彷徨っていた方や

つらい痛みなのに
こちらの時間が合わずなのに
時間をずらしてくれる方がいる・・・。

「日々精進日々感謝日々全力」

施術した方のお手伝いが果たせますように・・・


「みんな、がんばれっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »