« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

THANKS!

Y 様

本日の撮影
ありがとうございました。

感謝を込めて・・・
m(_ _)m



善行にある
口コミで人気のプライベートサロン
「オランジェネイル」のオーナーさんです。
http://ameblo.jp/calgel-fujisawa/

いつも来るたび、素敵なネイルです。
おっと、
「男性は出来ません・・・。」

( ̄◆ ̄;) で、ですよね~・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

休診日、休身日、休心日。

休診日、休身日、休心日。

本日と明日は
「休診日」とさせていただいて…

体と心を休ませる日を作り、
冬も
夏も
その前も…
家族でまともな旅行をしてあげることが出来なかったので、

伊東温泉にやってきました〜!

チェックインする前に
伊東を通り越して
稲取でつるし雛と足湯を♪
( ̄∀ ̄)
休診日、休身日、休心日。

この日は雨やら雪やらで
屋外の行動が出来ないため
15時にはチェックイン。

とりあえず〜
お風呂入って〜
まったりして〜
夕食ガッツリ食べて〜
そんでまた
まったりして〜
さっきとは別のお風呂入って〜

…まったり〜
ほっこり〜

…と、

ボケ〜っとしながら
今にも寝そうです。
(-.-)

本日は、「休身日」でした。

てことは…、
明日は〜
(-.-)zzZ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

フェイスブック

私もとうとう…
「フェイスブック」
はじめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

出雲大社へ

出雲大社へ
立春大吉を求めて
出雲大社相模分詞へ来ました。

&このあと水汲みです。

いや〜、寒いっ!

まだまだ寒くなりそうですね。


体調管理を心掛けましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

忘れ物<2011.11.6 いざっ!蛭ヶ岳(二日目)>

5:00 起床時間

~といっても、
4時頃からみんなざわざわしていて
「5時の山荘内点灯」待ち。

日付が変わる前後の時間帯は
雨風がビュ-ビュー吹いていて
窓をたたきつけるようなくらいだったのに・・・

起床時間の頃には
その音が無かった・・・。
風も無く、雨も降っていないようだが
完全に「霧の中」状態。

降ってるよりは全然いい。
( ̄ー+ ̄)
ラッキーと思わなくちゃね・・・♪

6:00 朝食
ある程度ゆっくり準備してからの朝食。

Dscf9596

佃煮類や
ご飯と豚汁はおかわり自由。
あたたかいお茶も飲める。


食後もゆっくり準備をして

7:00 蛭ヶ岳山荘を出発。
どんより霧の中・・・
細かな水の粒子を感じます。

Dscf9598

ザックカバー装着。
無風と霧が
静寂を引き立たせる中・・・
西へ向かう。

Dscf9599

8:30 ユーシンへの分岐
どうやら行けるようになったらしい。
・・・が、
予定どうりの行程を行く。

Dscf9601


9:30
湿ったコンディションは
足元に気を使う。

おそるおそる・・・

Dscf9611

10:30 檜洞丸
「青ヶ岳山荘」で小休止
山荘でホットコーヒーを頼む。

Dscf9629

インスタントで400円。
「短い休憩だから休憩料はサービスするよ~。」
だって。


Dscf9618


ありがたいが、
蛭ヶ岳からほぼ同ペース、同じルートで
進んでいた外国人グループには
ふたを開ければ
我々とほぼ同じくらいの休憩時間で
彼らの方がいろいろと
食べ物だとか注文していたのに
(ウチらはコーヒーだけ)
しっかり休憩料・・・。

11:00 青ヶ岳山荘を出る。

青ヶ岳山荘を出てから
その対応について
歩きながら賛否両論ありました。

う~ん・・・、
どうなんだろうか・・・。

外国人だから?
もう二度と来ないだろうと思うから?
・・・
・・・
結論っ!
コーヒー一杯で
我々が長く居すぎた!
山荘の人も
想定外なくらいに!
だから、
自分たちが悪い!
・・・(-ε-)
・・・と、いうことにしましょう。



Dscf9632

ついに
ゴールの道標が出てきました。


Dscf9633

こんな階段があったりで・・・
時折
休憩を入れながら

Dscf9638

沢まで降りてきたときには
カラダに微妙にまとわりついていたミストは無く。

Dscf9641

「お疲れさまでした。」の看板。
長いようで・・・・
楽しかった時間が・・・

14:00 西丹沢自然教室到着。
到着寸前に
バスが出ちゃったようで
40分くらい時間が空いてしまうが、
施設内の更衣室をお借りして
着替えたり
なんだかんだしたら
いい時間。


Dscf9651

バスに乗って(お客は我々三人だけ)

谷峨駅

国府津駅

16:30 茅ヶ崎駅到着
南口でから揚げザンマイ&お酒で締め!

<茅ヶ崎駅で解散>
19時前には茅ヶ崎駅からバスに乗り

19:30 自宅に到着。

早速、洗濯機を回しながら
お風呂に入り
二日間を振り返るように
またまた一杯・・・



体調も整えなく
きつくてつらくて
天気も良くなく視界不良。

でも・・・
楽しかった~!

つらかったのに
終わってみたら
また行きたくなる・・・

この
変な感覚に魅了されつつある
自分が在ることには
間違いはない。



次は・・・
西か?北か?
体はある程度作ってから
楽しんで登りましょう!
( ´_ゝ`)

今回一緒だった
Yさん、Kさん。
<忘れ物>
お届けします。

お待たせしました~!
( ̄▽ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

忘れ物<2011.11.5 いざっ!蛭ヶ岳(一日目の夜)>

蛭ヶ岳山荘で
夕食後からのお話です。

山荘内80人超の状態での
寝るスペースですが、
普段なら一人で寝るスペースを
「二人で寝る」という状況・・・。

分かる人は分かるとおもいます。

富士山の山小屋のときは
これよりもキツかった。
大人と子どものペアでも
身動き取れず・・・。

まあ、今回は
「大人二人で身動き取れず」
・・・ってな感じでしょうか。

蛭ヶ岳の標高は1,673m。
人がいっぱいでも酸欠にはならないし、
朝も5時起きだからゆっくり休める。

富士山のときの宿泊した山小屋は
標高3,350mで山小屋の屋根裏
・・・というか、立てないくらいの屋根スレスレで
酸欠者続出。
(酸素缶を手にしたダースベーダーだらけ)
しかも、1時起きで2時出発。

それに比べりゃ
天国です。ヽ(´▽`)/


ただ・・・、
夜が更けるにつれて
雨風がどんどん強くなってるのがわかる。

明日、
せめて雨がやんでくれれば・・・

そんなこと気にしながら
眠りにつく。
・・・(´~`)。゜○
・・・
(-.-)zZ・・・
・・・
??
・・・?
・・・背中が・・・、
背中が痛い・・・かな・・・?
・・・??
背中が痛い。
というか、
背中を伸ばしたがっている。
・・・
就寝中だが
窮屈な状態で身動きが取れない。
ちょっとずつ
微妙に動かして
なんとかごまかすが
そんなこんなで
眠気が覚め・・・
・・・グズグズグズグズ
・・・
グズグズ・・・
・・・
・・・
・・・(´△`)Zzzz・・・。o○

次回へつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

忘れ物<2011.11.5 いざっ!蛭ヶ岳(一日目)>

忘れ物・・・

そう、
去年に書くことが出来なかった出来事。

いくつもいくつも忘れているけど

「山登り」の記録だけは
残しておかなければ・・・。

一緒に行った仲間たちに
「ブログ、アップするから」
といって、書かずに至った<忘れ物>
これからは、
めんどくさがらず残していこうと
心に決めた今日この頃です。

では~、
気分は11月5日、紅葉のシーズンです。

ホントは
8月と9月に
富士登山をするつもりでした。

が・・・、

思いもよらぬアクシデントや
決行日の悪天候による中止やらで
全然行く事が出来ませんでした。

お互い違う職種でスケジュールを合わせ
ようやく決まった
「秋の丹沢一泊登山」
胸が躍る反面
下り坂の天気予報・・・

そんな中での当日を迎えます。

6時 湘南台駅で一人と合流。

7時過ぎ 秦野駅でさらに一人と合流。

紅葉のシーズンでもあり、
「ヤビツ峠」行きのバスは
始発から増便、増便、・・また増便・・・
7:30 そのひとつの増便に乗り

8:15 ヤビツ峠到着

準備とストレッチと
僕個人のもうひとつの楽しみ。
それは
「山バッジ」の購入。

だが、
いきなりそれは打ち砕かれる。

ヤビツ峠の売店にいくが
「もう売ってないんだよ~」

Σ( ̄ロ ̄lll)

登山ブームとは裏腹に
バッジは衰退しているようで
生産もしていないようでした。

・・・このブームを機に
復活してほしいものだ。

というわけで、記念撮影して

Dscf9533_3




8:30 ヤビツ峠をあとにする。

スタートするや、
いきなり二人から離れてゆく・・・。

「早く来てくださいよ~。」
と言う二人に
「俺を押切もえだと思ってやさしく合わせろ~」
・・・
二人は笑って俺の訴えをあっさりと退くのである。
・・・
楽しみにしていたが
荷物の準備が精一杯で
今日までカラダの準備をまったくしないで臨んだ
本日の「山行」。
ペースを上げられないどころか
体が完全についていってない感じが
明らかにわかる。

二人が
少しだけ俺に合わせてくれているのも分かるが
それでも
体がいうことを利かない感じ。

この調子が
この後、僕に悲劇が襲うことになるのだが・・・

9:00 富士見山荘
ここにもバッジはなかった。
連続してないとは
悲しい・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

ここから
いよいよ山登りのはじまりです。

Dscf9535

二人は相変わらず
「早く来いよ~」
と、俺を煽る。

(# ̄З ̄)

Dscf9536

天気予報では
<午後から下り坂>
今はまだ
いい天気。

ホントに下っちゃうのかな~?

10時前
登りだした途端
雲がうっすらと出てきた

Dscf9537

まだ遠くまでみえる。

10:10 二ノ塔

Dscf9546

10:20 かろうじて富士山が見えた。

Dscf9557_2




10:20 三ノ塔

Dscf9559

その先の鳥尾山荘が見える。

Dscf9562_2




11:10 鳥尾山荘
~小休止~
山荘の人にバッジを聞く
「最後に売ったのはもう5年くらい前かな。」
・・・
また型を作って販売するには
コストがかかるようで
もう作らないと思うと言っていた。
・・・
さみしい限りだ。

Dscf9567

11:30 行者岳

Dscf9569

11:50 その先のクサリ場
さすがシーズンの週末。
「クサリ待ち」の列でございます。

Dscf9571

12:30 新大日
ここで第一の「悲劇」が起こる。
右大腿部がつってしまい
やむなく小休止。

ここからは
自分の体調との戦いになる。
つらないようにしつつ
前に進む。
まだまだ初日の前半。
・・・こんなんで蛭ヶ岳にたどり着くのだろうか?
不安がよぎるが
ここは気合!
自分自身に喝をいれる。

アントニオ猪木が目の前にいたら
「闘魂注入」を2~3発
してほしい・・・。

Dscf9576

13:30 塔ノ岳
到着目前に
更なるアクシデント!

ついに・・・
両方の大腿筋がつってしまったよおぉぉぉぉ~!
∑(゚∇゚|||)

Dscf9581_2




天気予報は
当たってほしくないときに
当たってしまうものなのね~ 
(`0´*)

お昼ごはんとトイレと
ようやく
最初の「バッジ」をゲット!

ちょっとテンションア~ップ!
( ̄▽ ̄)~♪

自分の体(両腿)と十分にミーティング(ストレッチ)して

14時 塔ノ岳をあとにする。

Dscf9585_2




すっかり雲がかかって
というか
雲の中みたいな感じで
進んでいく景色は
幻想的で
少し不思議な感覚。

「これで晴れたいたらどんなにいい景色だったんだろう~」
と思うが、
これもまた、ひとつの
<山の顔>



Dscf9587

15:15 丹沢山
ここで本日二個目のバッジをゲット!

Dscf9588

さらに
視界が悪くなってきたので
早々に出発。

ここからは
日没までの「時間」との戦い。
暗くなる前に
本日最後の<クサリ場>を
抜けなくては・・・

当日の日没は17時前。
・・・ぎりぎりだ。

今以上にペースを上げる。
僕はなんだか
今頃、エンジンがかかってきたようで
今日一番のペースで進み・・・

日が沈む前にクサリ場を抜け

16:55 本日の目的地、蛭ヶ岳山荘に到着。

Dscf9589

途端に
すっかり暗くなった。

これも計算のうち!
想定内~♪

(○゚ε゚○)

山荘の人の説明を聞き
・・・スッ、スゴイ。
本日は80人ちょい泊まるようで
山荘の中は
ごったがえしております。

去年の富士山の山小屋に比べたら
なんてことはないが
まさか
こんなに人がいるなんて
思っても見なかっただけに
少しガックリ ε-( ̄ヘ ̄)┌

18:20 山荘で夕食
ごはんとおでんと漬物、佃煮。
おでん以外はおかわり自由。

これはありがたかった。

富士山の山小屋じゃ
子どもでも足りないくらいの
カレーライスのみだったから
とりあえず
しっかり腹ごしらえできます。

缶ビール(500円)をたのみ
各々つまみを持ち込んで
「乾杯~!」

Dscf9592

初っ端から
ついていけるか不安だったが
なんとか
たどり着いた
「蛭ヶ岳」

晴れていたら
夜景がすばらしいとのこと。

残念ながら
それを拝むことは出来なかった。

まだ
終わりではない。

明日もある。

ここまでたどり着けた自分に
今は「おつかれっ!」
(*゚ー゚*) ~ホロヨイキブン~


次回につづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

あけました!

2012年を静かに迎え
元旦~二日と
ほぼ普段どおり+α程度の
二日間が過ぎ
(二日は初詣&一杯・・二杯・・三杯・・・)

三日からはほぼ通常に。


二日の
「あけまして~♪」の昼間の一杯の翌日は
「おつかれっ」の普段の夜の一杯・・・

正月気分にはちょっと遠い感じでしたが

今年も三日から
お仕事でございました。

ちょっと遅れて
カキコカキコ・・・(○゚ε゚○)


去年の<忘れ物>も
そろそろ書かなきゃ・・・

┐( ̄ヘ ̄)┌


今年は
仕事・仕事・家族・仕事・山・仕事
山・家族・仕事・仕事・ブログ?・仕事・・・・

・・・てな感じで

一年頑張りまッス!

(* ̄0 ̄)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »